FC2ブログ







お又のおじさん。


もう、周知の事件でしょうけども。

「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井義人さんが亡くなられました。
ニュースで失踪事件を知ってから、大事にならないことを祈っていたのですが。
現実って厳しいなって思います。

「クレしん」は幼い頃から見てたマンガだし、アニメだったし。
原作も大好きで全部集めてました。
・・・終わってしまうんでしょうね。
アニメや映画は続くかも知れないけど、そこにはもう臼井さんが描いた話ではなくなって。

おたくとかマニアとか、よくわかってない自分だけど。
それでも「クレしん」に関しては自分でもマニアだと自負してた。
決して恥ずかしくなかったです。大人になってもやめることねーんだろうなって思ってた。

臼井さん、今まで御疲れ様でした。
心よりご冥福お祈りいたします。
ありがとうございました。





どうもドギーです。
子供生まれたら一緒にクレしん見るのがちょっと楽しみだったのになぁ。
悲しいな・・・;;

さて、今日はそのクレしん映画
「嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦」が原作となった
「BALLAD 名もなき恋のうた」の話。




見てきたぁああああヽ(゚∀゚ )ノ


いつだったか、「アッパレ」の実写化の話を耳にしてから
クレしん好きとしてもこれはケツ出してる場合じゃない(出すな)
という事で映画公開を楽しみに待ってましたwww

一緒に見に行く人の都合でSW中の休みに行ったので、
人がいっぱいいたのは少し不満だったけど(つд⊂)
しっかり見てきましたよwww


ネタバレは良くないのでそこらは自重しときますけども。


























ごめん、非の打ち所なかった。
ちょ、ちょっと実写化ってことで甘くみてた!!( ゚Д゚)


本編見る数分前までは
「たぶん、実写オリジナルで原作スキーにはがっかりなんだろうな(´・ω・`)」
なんて言ってた自分を正座させて3時間くらい説教したい気分。

もう、原作スキーには堪らない。
びっくりするくらいに原作通りでした・゜・(ノД`)・゜・。
しんのすけ役をおバカ幼稚園児から小学生に変更されていたので
それなりにカットされていた内容もあったけど
いやいや、全然大変ところがすっとこどっこいな大満足でしたヽ(゚∀゚ )ノ


ちょーっとだけ欲言うなら「青空侍」の設定は消されていたのがショックかな (ノД`)
結構、このキーワードがないとラスト締まらないんじゃないのかって思ったけども
やってくれましたよ。
なるほど!こういう締めか!!泣かせやがるぜぃってな感じでした。

うん、ホントにオススメ。
原作映画を知ってるからこその楽しみもあるし。
知らない初見での感動もあると思うのですよ!ヾ(´Д`*)ゝ








BALLAD&アッパレ
パンフもしっかり買っちゃいましたヾ(´Д`*)ゝ

しかもクレしんの方もあったから当然買いました。












ああ、ホントに良かった ⊂⌒~⊃。Д。)⊃
DVD出たら、買っちゃおうかねぇ。

自分の好きな作品を原作元にして、
これだけ成功したの見たのは最近では久々かも知れない。





ああ、映画のブレイブストーリーはなかった事n(ry

上映始まって、二分で自分の目を疑ったもの _| ̄|○








BALLAD、なんかの賞とったら嬉しいなwwww

これも、臼井義人さんが「しんのすけ」っていうおバカ幼稚園児を
生み出してなければなかった事なんだよね。

最高の映画だと思いますよ。
どうか、ごゆっくりお休みください。






BGM:クレしん映画サントラ「廉姫と又兵衛」






管理人と一緒に泣いてくれる方(´・ω・`)
 ↓
スポンサーサイト



[ 2009/09/21 23:55 ] 日常。 | トラックバック(-) | コメント(-)